MENU

ケミカルピーリングとは?

解説

日本語でいうと、ケミカルは、化学薬品、ピーリングとは、「皮むき」の意味です。

その名の通り、化学薬品で肌表面の不要な皮をむいていく施術を指します。

 

化学薬品で皮をむくと思うと、不安に思うかもしれませんが、実はケミカルピーリングによる美肌効果は絶大。

 

人は、年齢を重ねていくと、若い頃には自分自身で自然にできていた肌のターンオーバーという皮膚の新陳代謝がうまくできなくなります。

 

このターンオーバーが乱れるてしまうことにより、シミやシワなど肌にさまざまなトラブルが起こってしまうので、そのサポートをしてくれるのがケミカルピーリングになります。

 

ターンオーバー

 

ケミカルピーリングは、シミへの効果はもちろん、小じわや毛穴の開き、ニキビ跡、くすみなどの改善にも効果があります。

 

現在、使われている薬剤は、日本人の肌にあうといわれている、サルチル酸マクロゴールやグリコール酸、乳酸が多いようです。

 

いずれの薬剤も刺激もが少なく、皮膚の再生を促し、シミやくすみ、小じわ、毛穴の開きの改善が期待出来ますが、サルチル酸マクロゴールというピーリング剤は酸が角質層のみに反応するので、角質層以外の細胞を傷つけることがないので、より安全性の高いケミカルピーリングといわれていて人気があるようです。

 

 

肌が弱い方でも安心のサルチル酸マクロゴールでのケミカルピーリング

サルチル酸マクロゴールというピーリング剤によるケミカルピーリングは、施術後に皮膚が赤くなったり、肌がポロポロと剥けてしまうようなこともほとんどありません。
また、グリコール酸や乳酸といったピーリング剤よりも皮脂に近い性質をもっていることもあって真皮のコラーゲンを高める効果が望めます。

 

美肌女性

 

ケミカルピーリングはこんな人におすすめ

肌のシミ(老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑、そばかす)が気になっている方におすすめです。毛穴の開きやニキビ痕がある方にも効果はてきめんです。
また、ケミカルピーリングとあわせてフォトRFアドバンスやスペクトラヘリオスをやるとさらに効果が高くなるため、両方あわせて施術を希望される方も多いようです。

 

ケミカルピーリングに向いている肌の症状

  • しみ
  • そばかす
  • くすみ
  • ニキビ、ニキビ跡
  • 小じわ
  • 肌のハリの低下
  • 毛穴の開きが気になる

エステフェイシャル

 

ケミカルピーリングの効果的なやり方?

ケミカルピーリングは、その性質上、肌の周期にあわせて行うことでより効果が発揮できます。できれば頻度としては月に一回程度を4回から5回ほど続けることでより、効果を実感できます。

 

 

 

 

ケミカルピーリングは自宅ではできないの?

ネットなどでもケミカルピーリング剤は自宅用のものも通販等で販売されています。
自宅用のものは、安いもので2500円位、高いものだと10000円くらいするようなものもあります。

 

ただし、美容皮膚科で使用する薬剤との決定的な違いがあります。それは成分です。
クリニックで使用されるのは、医師がいることで扱えるものですが、自宅用のものは安全性が重視されるので素人が使っても問題がない程度の濃度のものと分類するとわかりやすいかもしれません。

 

実際に両方体験してみるとよくわかりますが、やはりプロである医師の立会いのもとに使用できる濃度が高い薬剤だからこそ肌への効果がきちんと出るというのが実状です。
さらに、仮に施術をした後に痛みやかゆみなどがでたとしても医師がいる皮膚科であれば薬の提供など対処ができます。

 

自宅用の場合は、薄い濃度のもので、それなりの効果を素人が行うので、あんまり効果がなかったということになってしまうのは、そのためなんですよね。

 

エステなどで行っている場合もありますが、やはり効果と安全性を考えると医師がいる皮膚科で受ける方がよいでしょう。

 

皮膚科で行うサルチル酸マクロゴールのケミカルピーリングも4860円で行うことができるので、自宅用のキットを買うよりも安い場合もあると思います。
下手に自分流にやるよりもプロに任せる方が肌自体がきれいになり、結果として無駄な買い物にはならないのかもしれません。

 

 

よく読まれる記事TOP3