股ずれの原因は摩擦!

女性の場合、が股ずれを起こしてしまう原因は、太もも同士が直接触れ合って歩いたりする時にすれてしまうことがほとんど。またサイクリングや乗馬、ランニングなどをする場合でも直接太もも同士が触れ合うわけではないですが、同じように内ももが自転車や乗馬の際に擦れてしまうことで、摩擦によって皮膚がすれて痛みが出てくるものとなります。
女性のまたずれの原因は?防止のための便利グッズはこれ!
厄介なのは、一度股ずれができてしまうと普通に生活しているだけでも擦れ合ってしまうため、治りづらく、痛みも続きます。さらに、その部分が摩擦で赤くなって黒ずんでくることもお多いため、外見的にも女性は気になってしまう悩みとなります。

 

男性の場合であれば、いつも着るスーツのパンツの内側が擦れて切れてしまい、穴が空いてしまうようなこともあります。

 

こればっかりは、実際に体験していないとわかりづらい悩みなのですが、実際に股ずれになってみると痛みは結構痛い!ひどくなると赤くただれてしまうようなこともあります。
なのに、歩くたびに痛いのでほんとに拷問状態。でも人にもいいづらい辛い悩みだったりします。

 

こうなってくると治りにくいのはもちろん、皮膚の色素沈着をしてしまう事が多いので、気持ちの上でも肉体的にもしんどくなってきます。

 

 

 

股ずれは、皮膚が1ヶ月で15万回以上も擦れて起きる

股ずれは、太もも同士が擦れてしまうことで発生します。これは歩くたびに毎回擦れている状態。仮に一日5000歩歩くとすると一日で5000回擦れています。月に直すと15万回も擦れてしまうので、当然、皮膚が摩擦でただれ、赤みや痛みが出てしまうのです。

 

これが1年となったら・・・・想像するのも恐ろしい回数になってしまいます。

 

股ずれはともかく太ももの内側同士をこすらせないようにする

股ずれの原因、メカニズムがはっきりとわかったところで、対策すべきことは、まず太もも同士を擦れないようにすることです。ただ、そうはいってもいきなり明日から太ももを細くするなんてできないですよね?
こうなった時にすぐにできるのは、まずは生足同士を触れさせないこと。これが重要です。簡単にできる方法としては、股ずれ防止用のスパッツを履く方法です。
股ずれ防止用のスパッツや脚やせスパッツは、ギュッと脚を引き締めてくれるので、太もも自体が引き締まり、直接触れ合うことがなくなります。またスパッツの布自体が擦れてしまう状態を保護してくれます
女性のまたずれの原因は?防止のための便利グッズはこれ!

 

夏場の暑い時は、短めの五分丈などを履き、冬は寒さ防止の為にも長めのものを用意しておくのもよいでしょう。ただ真夏は暑いしどうしても家で締めつけ感が有るのが嫌ということであれば、ゆるいステテコのような五分丈パンツを履くのでもかなり防止はできるのでよいでしょう。

 

スポーツをする時であれば、スポーツ用の長めのロングタイツ、スパッツなどがたくさんでているので、これらをスポーツウエアとして使用するのをおすすめします。
女性のまたずれの原因は?防止のための便利グッズはこれ!
お出かけでスカートをはくようなときでも薄手の短いスパッツやトレンカを履いたり、タイツやストッキングをつけるだけでもこれらが肌を保護してくれるので股ずれ防止にはなります。

 

ただ、これらはあくまでも一時しのぎの応急処置です。根本的な股ずれの解決方法としては、太ももをやせて細くする必要がありますので、太ももを細くするためのダイエットをしたり、脚のマッサージなどを日常的に行っていく必要があります。
女性のまたずれの原因は?防止のための便利グッズはこれ!

 

ちなみにどうしても素足でいたいというときの応急処置としては、股ずれしてしまう部分にベビーパウダーを塗ること。この方法は皮膚が擦れ合う摩擦を緩和してくれます。
女性のまたずれの原因は?防止のための便利グッズはこれ!

 

ただし、これもずー−っと行っていくものというよりは、一時的な応急処置。長期的には太ももがやせれば、太ももの内側が摩擦で擦れてしまい痛くなるような事自体が起きなくなりますので、最終的にはほんの少しでいいので、太ももをやせるための意識をもち、対策をしていきましょう。