MENU

あなたのシミはどのタイプ?

男性のシミのタイプ

解説うさぎ

まず、あなたのシミはなんというシミなのかはご存知でしょうか?

 

実はシミと一言で言ってもいくつかの種類があります。そのシミのタイプによって効果が出る化粧成分や治療法は違ってきます

 

せっかく対策を行ったとしても間違ったやり方ではシミは治りませんので、まずはきちんとあなたのシミの種類を調べて最適な化粧品の使用または治療法を行っていきましょう。

 

あなたのシミはどのタイプ?

シミチャート

 

 

シミの種類と対応策

 

老人性色素斑

老人性色素斑

■症状
いわゆシミの代表になる数ミリから数センチ前後のわりと境界がはっきりした薄茶色のシミ。

 

紫外線の影響によってできる最も多いタイプのいわゆるシミはこれに該当し、早い人は20代からでてきて、こめかみやほほなどにできることが多いが、首や肩、背中などにも出る。40歳前後から悩み出す人が多い。

 

■ケア・治療
ハイドロキノン、トレチノイン、アルブチン、ビタミンC誘導体、アロエなどの美白成分や酵素、酵母を使ってターンオーバーを促す化粧品などが人気が高い。最短で確実に除去する方法はQスイッチルヤグレーザー治療がよいとされる。

 

 

肝斑

肝斑

 

左右対称に頬あたりに現れる薄茶色のシミ。老人性色素斑のように円形ではなく、大きさ、形が様々でモヤっと広がっている。30代、40代から出てくることが多い。

 

■ケア・治療
トラネキサム酸という人口合成されたアミノ酸(医薬品)を服用するのが有効とされている。肝斑は一般的なレーザーでは悪化させるので注意が必要。Qスイッチヤグレーザーは適用可能なレーザー。また光フェイシャルのなかでもフォトシルクプラスであれば肝斑に有効な光を照射し、シミ対策しながら、顔全体の肌のキメヲ整えて、毛穴などを目立たなくさせることもことが可能になっている。

 

 

 

 

雀卵斑(そばかす)

雀卵斑(そばかす)

いわゆるソバカス。米粒大から小豆大の小さな茶色のシミが顔面中央等にたくさんできる。遺伝性のものも多く、子供の頃からあることも特徴のひとつ。紫外線によって濃さが変化することも。
■ケア・治療
ハイドロキノン、トレチノイン、ビタミンC誘導体などの美白有効成分が有効とされる。
ケミカルピーリングQスイッチヤグレーザーの組み合わせが即効性が高い。フォトシルクプラスは、レーザーより穏やかに、そばかすなどのシミを薄めていきがら、顔全体の肌のキメヲ整えて、毛穴などを目立たなくさせることもことが可能になっている。

 

 

 

 

 

 

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着

 

ニキビ跡や薬のあと、傷の跡などがその後日焼けなどをして、黒ずんだ跡として残ったもの。

 

■ケア・治療
一時性であれば1年以内に自然に消えるが、その間も日焼け止めで日焼け対策を行うことが大切。あわせて美白化粧品を使うこともよい。1年以上経過してしまった慢性の場合はQスイッチヤグレーザーで除去が可能。

 

 

 

 

 

両側性遅発性太田母斑様色素斑(AMD)

両側性遅発性太田母斑様色素斑

 

青みがかった灰色に褐色がかったような色。主に目元、頬、額、鼻、こめかみにでき両側にできるものをさす。広い範囲にでき、紫外線による光老化、ホルモンバランスの乱れや過剰なスキンケアが主な原因といわれている。

 

■ケア・治療
Qスイッチヤグレーザーで除去が可能。

 

 

今すぐ自力でなんとかしたい人に

男性BBクリーム

今すぐ自力でなんとかしたいという方向けには、一旦シミ自体を隠す男性向けのBBクリームがおすすめです。

 

女性向けに色付きの美容液が販売されているBBクリームというのを聞いたことはありますか?

 

簡単に言うとファンデーションのようなものなのです。これに日焼け止め効果や美容成分が配合されているものがBBクリームです。

 

男性向けにもBBクリームが販売されており、手軽さもあってか最近ではBBクリームのニーズも高まっているようです。
男性BBクリーム
このBBクリームは、男性向けの肌色にあわせて開発されていて、顔に塗っても違和感のない色つや成分を徹底的にこだわって作られています。

 

NULL BBクリームを使えばさりげなく肌ツヤを良くすることだって可能ですし、ニキビにも効果があるので、ニキビを隠しつつ、ケアすることもできるスグレモノ。

 

ありそうでなかった男性専用のシミ隠しということで今売れています。

 

こんな人におすすめ

 

  • シミの種類にかかわらず、今すぐシミを隠したい
  • シミを目立たなくしながら、シミのケアをしていきたい

 

NULL BBクリームの体験レポートはこちら

 

 

あまりお金をかけずに自分でシミをなんとか出来ないか?

安価な男性向けのシミ対策化粧品で有名なものがメンズケシミンウルオスです。

 

これらは、男性向けのシミ対策化粧品として販売されています。ドラッグストアなどでも購入できるので男性でも購入に抵抗がない化粧品といえます。

 

価格帯も1000円前後から2000円以下になるので、比較的シミ化粧品のなかでは安価とはいわれています。

 

また、使いやすいという点からも手が出しやすい製品といえるでしょう。

 

ただし実際の使用者の感想を見ていただくとわかりますが、残念ながらシミが消えたといった声はほとんどないようです。

 

シミ有効成分は含まれてはいるので、今後シミをつくらないための予防策として使用することがよさそうです。

 

 

リラックスして、肌の状態をよくしつつ、シミを薄くしたい方におすすめ

メンズエステイラスト
オトクな価格でシミやニキビ痕を出来るだけ早く肌全体を若返らせてたいという方は、光フェイシャルのお試しを利用するのがおすすめです。

 

メンズエステ

 

何がなんでも確実にシミを消したい方におすすめ

 

確実にシミを消したいのであればやはりレーザーがおすすめです。いろいろな美白化粧品はでていますが、シミを予防したり、隠すことは化粧品でできますが、シミを本当に消すことができるのは現状、レーザー治療のみとなります。

 

老人性色素斑、肝斑、そばかす、太田母斑様色素斑、炎症性色素沈着であれば>Qスイッチヤグレーザーが一番早いシミ取り対策になると思いますが、詳細は一度無料カウンセリングで専門医予算を相談し、あなたがなりたい状態と経過を含めて治療プランを決める方法が安心です。

 

なお、レーザーでのシミ消しをする場合、シミ自体にピンポイントに刺激を与えるため、一時的にかさぶたになる時間が発生します。テープなどを貼って目立たなくしたり、専用のコンシーラーを美容皮膚科で入手することもできますが、かさぶたになる時間は嫌だという方は、エステの光フェイシャルより強力なフォトフェイシャルを選んで、肌自体をキレイにして、シミを薄くするという方法を選ぶことも多いようです。

 

確実にシミを消していくことが優先で一時的であれば、かさぶたができても仕方ないと思えるようであれば、Qスイッチヤグレーザー、少しでも早くシミをなくしたいけど、かさぶたができてしまうような時間は避けたいという方は、ケミカルピーリングとあわせて、フォトフェイシャルを選ぶのが結果は満足いくと思います。またもう少しリラックスした時間をもって、お手軽にフォトフェイシャルを安受けてみたい場合には、エステでの光フェイシャルが良いと思います。

 

また、毎日のケアとしては、ともかく日焼け止めを塗る習慣をつけて、日々日焼け対策を行うようにすることが大切です。その上で効果の高い成分が配合された美白化粧品を使って、美白有効成分でシミのもととなるメラニンをつくらないようにしていくことで、シミの予防ケアを行っていくことが一番理想的な対応策だと思います。

 

よく読まれる記事TOP3